子供には使えない発毛剤

子供が薄毛で悩んでいるというお父さん、お母さんも多いと思いますが、子供には使えない発毛剤って実は多いのです。
こちらではそういったものはどれなのか、紹介していきます。

先ずはミノキシジルです。 ミノキシジルは世界で初めて脱毛に効果がある成分として認められ、高い効果があるとして人気を博しています。

ミノキシジルは元々は高血圧の人に処方される薬なのですが、副作用としてミノキシジルは子供が使うとフケや吹き出物、発疹やかぶれ、また激しい頭の痛みにめまいや吐き気などが起きる可能性があります。

プロペシアも成人男性のハゲに対して高い効果を発揮しています。
ですが、プロペシア成分にはフィナステリドというのは含まれていて、フィナステリドは女性や子供に使うとホルモンバランスが崩れるという副作用が起きるのも実証されており、女性が使うと妊娠や出産に悪影響を及ぼします。

成長期の子供、特に男の子が使用すると生殖器の発達に悪影響を与えるという結果が出ていますので子供への使用は避けるようにしてください。

使用してもいいのですが使用できる年齢や使用するのにあたりどんな成分が入っているのが望ましいかという条件があります。

ズバリ、成長期を終えた高校生位からで使用する育毛剤は無添加で天然成分、ノンアルコールの育毛剤を使うようにしてください。

Filed under: 日記 — staff 3:01 PM  Comments (0)