カラコンが危険な理由

今若い人はカラコンをつけていることが多いですよね。
でもカラコンって実はとても危険なものなんです。
こちらではカラコンが危険な理由を紹介しますので、自分がカラコンをよく使っているのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

酸素透過性

カラコン愛用者なら“酸素透過性”という言葉を知っている人は多いはず。
カラコンでなくても普通のコンタクトをしている人なら一度は聞いたことがあると思います。
この酸素透過性と深い関わりのあるのが“目の呼吸”です。
カラコンなどをすると、目が呼吸しているところに蓋をしてしまう状態に。

そこで出てくるのが“酸素透過性”です。
この酸素透過性により目に蓋をしていても、角膜は空気中の酸素を得られるというもの。
この酸素透過性が低いカラコンを使ってしまうと、目が呼吸できなくなり傷つき感染症を起こすなどしてしまいます。

色落ち
カラコンの一番の特徴は何と言ってもレンズの柄。
今では様々な柄のカラコンが存在し、中には花がらや奇抜な模様のものもありますよね。
ですのでカラコンと普通のコンタクトの違いはレンズに色素があるかどうかです。
そしてこの色素がカラコンで最も危険なのだという・・・。
“茶色の涙”
カラコンによる影響でこんな人もいるのだそう。
涙が透明ではなく茶色に・・・。
どうやらこうなってしまうとかなり重症で、失明の一歩手前でもう手遅れなのだとか。

Filed under: 日記 — staff 12:46 PM  Comments (0)