青汁に牛乳を混ぜるとどんな効果がある?

青汁ってすごく健康に良いイメージですよね。
私も一時期飲んでいたのですが、どうもあの青臭さが苦手であまり続きませんでした。
そんな青汁ですが、青汁に牛乳を混ぜるとどんな効果があるのでしょうか?
こちらで紹介していきたいと思います。

牛乳にはカルシウムを始め、3大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれているため、まさに“栄養素の宝庫”と言っても過言ではありません。
これに青汁を組み合わせることで野菜の栄養素も加わり、より栄養豊富な飲み物にすることができるのです。

また、組み合わせることで抹茶ミルクのように上品でさわやかな風味に仕上がるため、飲みやすさも抜群です。
青汁特有の苦味や青臭さが緩和されるので、小さなお子さんにもオススメです。
低脂肪乳と合わせた場合は青汁が調味料のような役割を果たし、すっきりとした美味しさに整えてくれます。

青汁と牛乳を合わせることで、健康的な骨や歯のために必要なカルシウムの吸収率をより高めることが可能です。

乳製品のカルシウム吸収率は50%と他の食べ物に比べて高いのですが、それは牛乳に含まれる乳糖(牛乳に含まれる糖分)とカゼイン(牛乳に含まれるタンパク質)の働きによるものです。

Filed under: 日記 — staff 10:30 AM  Comments (0)